ブログ

blog
トップ > ブログ > 屋根の暑さについて

屋根の暑さについて

屋根とは「主に建物の上部を覆う構造物」と言われています。

外の天候変化、例えば雨や雪、強風や太陽の強い日差し、気温の変化、工場の煤煙、大気中の粉塵を防ぐ等の役割を担っています。

屋根の材料・用途も色々ありますが、特に近年頭を痛めている のが「広い面積を持つ折板屋根」です。以前は暑いといっても32℃~34℃程度の時期もありましたが、最近は36℃超えも珍しくありません。                                      屋根裏はというとこちら通常のシングル折板屋根の場合≒59.0℃ですが、冷えルーフ設置後は≒40.3℃となっております。この差は-18.7℃ですが体感温度は数値以上と思われます

こうした日差しを「日陰効果」によって温度上昇を抑えるのが「冷えルーフ」というシート設置遮熱工法です。

仕事をされている方の体調管理は重要事項だと思います。

みなさんの体調を保ち、健康に過ごせるお手伝いをご提案します。

 

カテゴリーの人気記事

カテゴリー 折り畳み

アーカイブ 折り畳み

タグ 折り畳み