ブログ

blog
トップ > ブログ > 工場の熱中症対策に最適な「遮熱アルミシート」で作業環境の改善!

工場の熱中症対策に最適な「遮熱アルミシート」で作業環境の改善!

こんにちは!

屋根や壁の素材などお客様に合ったご提案ができる内田金属の広報です^^

 

今回の内容は事務所、工場などの暑さ対策についてです!

毎年、夏の暑い時期になると「熱中症」と言う言葉をよく耳にしますよね・・・地球温暖化のせいか年々暑くなっている気がします!

最近では、室内にいても熱中症になるケースもあり本当に気をつけなければ大変なことになりかねません。

工場内で製品などを作られている企業様も従業員様の働く環境の改善、体調管理には十分取り組みをしているとは思いますが暑さを軽減出来る画期的な「遮熱アルミシート」がある事をご存知ないのではないのでしょうか?

 

「遮熱アルミシート」のご説明の前に「遮熱」のご説明させていただきます

暑さ寒さは、気温(温度)「輻射熱の量」で決まります。

気温26度でも、外に出ると太陽の光が当たりジリジリ暑さを感じ汗が出ることがあります。思わず木陰や建物の影に入ると涼しく感じますが、体温36.5度より低い温度なのに何故暑さを感じるのでしょうか?

これは、太陽からの輻射熱が人体に照射されることによって、体自体が温まってしまうためです。

例えば、日陰も日向も同じ温度、湿度だとします。しかし、日陰に入ると明らかに涼しさを感じたことはありませんか?この現象が遮熱の効果なんです!この効果を持った商品が遮熱アルミシートなのです

 

【遮熱アルミシート(トップヒートバリアー)】

材料はアルミ素材、特殊技法により製作された商品です。厚みが0.2mm~0.3mmまで、状況に応じて対応が可能です。

屋根・外壁・天井・床下などに幅広く対応が可能で、酸やアルカリ性に強く屋外でも安心 して使用できます。

 

【体感温度が変わる】

室内の熱を屋外に逃がしません。また、屋外の熱も室内にとり取り込みませんので体感温度が変わります。快感温度が変わればエアコン等の冷暖房の使用頻度が減少し大幅な省エネ・省コスト効果をもたらします

 

【施工紹介】

今回「工場の明り取り窓」に遮熱アルミシートを貼った写真です 

【施工前】

【施工後】

大きい工場の屋根によく見かける窓ですね 今まではこの窓から「明かり」「熱」がよく入り、この熱によって内部は「めっちゃ暑いとなっていました

 

そこで、「遮熱アルミシート」を施工しました。輻射熱を反射する為内部はとても涼しく感じます

また、厚みが0.3mmあり材料の耐久性も十分で、メンテナンスの必要もありません

外からの光は遮られますが、最近の照明はLEDライトですから、内部の照度は十分なのでご安心ください

暑さを抑えて作業環境改善ですね

 

このように、今回ご紹介した「遮熱アルミシート(トップヒートバリアー)」は工場、事務所、住宅などの熱中症対策に大きな効果が見込めます

工場内の温度上昇に悩まれている、暑さの作業環境改善を考えられている企業様はお気軽にお問い合わせください^^詳しくご説明させていただきます!

 

内田金属株式会社

〒703-8233 

岡山市中区高屋58番地の1

TEL 086-273-0221

お問い合わせ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリーの人気記事

カテゴリー 折り畳み

アーカイブ 折り畳み

タグ 折り畳み