ブログ

blog
トップ > ブログ > 暑さ対策はお早めに!

暑さ対策はお早めに!

みなさまこんにちは

今回は、昨年末に工事させていただきました「遮熱アルミシート」についてご紹介させていただきます。

 

某企業様へお伺いさせていただいた際、「建物内で作業している方が最近の暑さで困っている」との事。お話を伺ってみると「暑さが逃げなくて困っている」ようです。建物天井部分には換気設備が設置されていますが、「暑さが逃げきらない」という事でした。

一般的な換気設備が天井に設置されてます。入口部分には配送トラックが出入り出来る大きな開口があり、壁面にも窓が南北対面であります。暑い時には窓を開けていると思われますが、建物の材料が屋根・壁共スレートですから熱が入ってくるのは仕方ないのかと・・・。

 

暑いのはなぜ?

 

暑さ寒さは、気温(温度)と輻射熱の量で決まる。

 

気温25度でも、表に出るとジリジリ汗が出るほど暑さを感じます。思わず木陰や建物の影に入ると涼しく感じます。体温36.5度より低い温度なのになぜ暑さを感じるのでしょうか。

 

これは、太陽からの輻射熱が人体に照射されることによって、体自体が温まってしまう ためです。

 

遮熱をすると体感温度が全くかわります。室内30℃でも暑さを感じなくなります。無論、冬場は低温でも寒さを感じにくくなります。体感温度が変わる事によって、エアコン等の冷暖房の使用頻度が大幅に減少します。しかも、室内の熱を屋外に逃がしませんし、屋外の熱も室内にとり取り込みませんので大幅な省エネ・省コスト効果をもたらします。

 

遮熱する事により室内温度は外気温より下がります。更に輻射熱がカットされる事により体感温度が変わりますので、エアコンなしでもいられます。

 

したがって、屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる熱中症や、暖かいところから浴室やトイレなど寒いところに移動したとき、急激な温度変化によっておきるヒートショック予防等にも効果があります。

 

さらには、冷房が強く効いたエリアに長時間いることによっておきる冷房症、等の防止としても効果があります。

 

詳しくはこちらをご参考下さい

※ 日本遮熱株式会社HP 「遮熱は正しい理論と的確な工法で施工!!」 より     

 

以上のところを検討して、「遮熱工事」 を検討する事になりました。

次回は「どのようにするか」について報告させていただきます

 

お問合せはこちらまで

内田金属株式会社

〒703-8233 

岡山市中区高屋58番地の1

TEL 086-273-0221

お問い合わせ>

カテゴリーの人気記事

カテゴリー 折り畳み

アーカイブ 折り畳み

タグ 折り畳み