施工実績

works

倉敷市内 屋根改修 暑さ対策 熱中症予防


お客様からのご意見ご感想

既存工場の屋根が古く、雨漏りも出る為、屋根を改修工事することにしました。最近は猛暑が多く、建物内の暑さにも苦慮しており、暑さを何とかしたいと考案中に遮熱アルミシートの件を知り、案内をいただいて「暑さ対策」「熱中症予防」で、今回採用する事に致しました。

内田金属株式会社から一言

既存スレート大波屋根改修工事という事で、遮熱アルミシートを今回設置させていただきました。このスレート屋根改修工法は多く行われていますが、スレート屋根と新設屋根との間にグラスウールを設置される場合が多く、最近は猛暑に対応する為、内田金属㈱ではグラスウールの代わりに、遮熱アルミシート設置をご提案させていただく事が多くなりました。より暑さを防ぐ一つの方法としてご提案させていただいております。
建物内の暑さで特に昨年はお困りになったと伺い、今回遮熱アルミシートの暑さ対策効果を実演し、ご納得いただいての採用となりました。


今回の作業ポイント

遮熱アルミシートは既存スレート屋根の上に敷き込みます。その際、シートとシートの隙間を作らない事がポイントです。隙間を作ると、その隙間から熱が逃げて効果が無くなってしまいます。このポイントをしっかり押えて施工すれば時間もかからず効果を発揮出来ます。
内容

既存スレート屋根の上に遮熱アルミシートを敷き込み、その上から新設折板屋根を設置する、カバー工法に採用されました。


他の実績を見る

法人の屋根
倉敷市内
暑さ対策 熱中症予防
既存屋根の上に専用取付金物を設置します。屋上自然力応用遮熱シートは規格サイズがありますので予めそのサイズに金物を取付けます。
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内
屋根改修 暑さ対策  熱中症予防
 遮熱アルミシートは材料がとても軽く、屋根の上という事もあり、風対策が必要です。設置途中で強い風が吹くと遮熱アルミシートが飛ばされてしまい、場合によっては屋根…
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内
暑さ対策 熱中症予防
ご覧の通り、屋根工事施工状況はこのようになっています。 軽量鉄骨材を下地に天井に取付けて、遮熱アルミシートを「隙間無く」貼り重ねていきます。 ここで重要なのが…
詳しく見る
詳細