施工実績

works

倉敷市内 暑さ対策 熱中症予防

遮熱アルミシート接着

施工前 矢印 施工後
BEFORE
AFTER

お客様からのご意見ご感想

この度、材料保管用の建物を建て、内部に高温保管不可の材料を保管する為、建物内温度上昇を抑える方法を検討しました。結果、以前採用し実績のある遮熱アルミシートを今回も屋根に設置する事とし、建物内の温度上昇を抑え、更に熱中症予防といった作業環境整備を併せて期待しています。

内田金属株式会社から一言

今回、建物内温度上昇を抑える方法をご相談いただき、屋根の内部と外部のどちらかへ遮熱アルミシート設置をご提案させていただきました。内部については、材料が既に保管されている為、屋根の外部への遮熱アルミシート設置となりました。


今回の作業ポイント

今回の遮熱アルミシート貼りは専用ボンドを使用して、屋根材全面接着工法としました。屋根の形状が凹凸になっている為、まずは底面を先行で接着し、その後、上り部分を接着貼りとします。専用ボンドを使用して接着の為、遮熱アルミシートを貼る際、一部分が接触すると貼り位置の修正が効かない為、特に風が吹く場合は注意が必要です。遮熱アルミシートをヘラで固定して貼りますが、中に空気を残さないようにする事も大きなポイントです。
内容

まず凹凸部の底面に専用ボンドを全体くまなく塗りつけます。この専用ボンドの乾き具合により遮熱アルミシートを貼り付けますが、気温により乾き具合が変わるため注意が必要です。外部気温が高い場合は速乾性が強くなり、より施工が難しくなります。


他の実績を見る

法人の屋根
倉敷市内
暑さ対策 熱中症予防
既存屋根の上に専用取付金物を設置します。屋上自然力応用遮熱シートは規格サイズがありますので予めそのサイズに金物を取付けます。
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内
屋根改修 暑さ対策  熱中症予防
 遮熱アルミシートは材料がとても軽く、屋根の上という事もあり、風対策が必要です。設置途中で強い風が吹くと遮熱アルミシートが飛ばされてしまい、場合によっては屋根…
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内
暑さ対策 熱中症予防
ご覧の通り、屋根工事施工状況はこのようになっています。 軽量鉄骨材を下地に天井に取付けて、遮熱アルミシートを「隙間無く」貼り重ねていきます。 ここで重要なのが…
詳しく見る
詳細