施工実績

works

倉敷市内  屋根 外壁    屋根改修

換気棟壁部分

施工前 矢印 施工後
BEFORE
AFTER

お客様からのご意見ご感想

 工場を建て築年数も30年近くなり、屋根の老朽化が進み一部で雨漏りも発生し、至急の対策を検討していました。 

検討した結果 「スレートカバー工法」 という工法があると知り、工事内容の確認をおこないました。

「スレートカバー工法」 というのは現状の屋根スレートを撤去せず、その上に新設屋根材を施工できると言う事、尚且つアスベスト対策も行え、工事中においても作業中止をしなくても良いという点で決定致しました。

内田金属株式会社から一言

 今回、お客様の建物は築30年近く経過しており、屋根から雨漏りが発生しているとの事でした。 

屋根材がスレートで、築年数も30年近く経過しているという事で「スレートカバー工法」をご提案致しました。

「スレートカバー工法」 のメリットとして  ① 現状スレート材の上にそのまま施工出来る  ② 工事中工場が稼動出来る  ③ アスベスト処理費用を抑えることが出来る  ④ 部分改修が可能  ⑤ 工期短縮 等々ございます。

以上、ご検討いただき採用となりました。


今回の作業ポイント

 作業ポイントとして、まず現状屋根材の劣化確認と安全対策が大切です。 

必ず屋根の上で作業を行いますので、確実な安全対策、作業スペースの確保を行わなければなりません。

同時に、屋根構造部材の劣化も確実にチェックを行い、作業計画を立て工事にとりかかります。 

工事は高所となり、重機の使用もありますから、作業全般に安全意識を持ち作業を行うことが大切です。
内容

 作業内容は、現状屋根スレート材の上に落下防止ネットを敷き、スレートを取付けているボルトの頭が新規屋根材に当たる為、ボルトの頭を切断してから新設屋根材を重ね葺きするものです。

今回は建物の棟にある「換気棟」の壁スレートを施工都合により折板に交換いたします。その為、まず壁を施工してから屋根を施工する順番となります。

壁折板を取付ける為、下地材を組み直しての施工となりました。 


他の実績を見る

法人の屋根
倉敷市内  塗装 防水修繕
  FRP防水
現状のFRP防水を高圧洗浄行い、不純物を除去してから作業を行います。  経年劣化で仕上げ塗装が弱くなる所でしたが、今回保護仕上げTOP塗装を行う事で、FRP防水も継続…
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内  塗装 防水修繕
  シート防水修繕
ドレン廻りは漏水の原因になり易い所です。 既存のシートを撤去し、下地の不純物を十分除去してから次の工程に進まなければなりません。
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内  暑さ対策 熱中症予防
  遮熱塗装
まず、塗装する箇所を高圧洗浄で洗い、不純物の付着を確認、除去してから、プライマーを塗布し、その後中塗り、上塗りと進めていきます。  この時、プライマーの塗り…
詳しく見る
詳細