施工実績

works

倉敷市内  暑さ対策 熱中症予防    遮熱アルミシート

折板屋根

施工前 矢印 施工後
BEFORE
AFTER

お客様からのご意見ご感想

こちらの屋根の下は熱に弱い設備が作動しています。 

エアコンを設置し、常時設定温度は19℃、風は急で24時間作動します。

夏になると、エアコンは全然効かない状況になることもあります。

以前、他の建物で設置した遮熱アルミシートの効果は解っていましたので、今回引き続き設置となりました。 

輻射熱のカットに期待します。

内田金属株式会社から一言

今回の建物は屋根が折板屋根、壁がスレートの2F建てです。 屋内に重要な設備を設置し、その設備からの放熱も少しあると伺っていました。 

屋内はエアコンが各階設置されており、最低温度の設定で24時間作動しています。 4月に現地確認を行う際、屋内に入って暑さを感じました。 

写真の様に、屋根全面に遮熱アルミシートを設置して、その上に改修屋根を設置します。 これで輻射熱を抑え、エアコンの設定温度を上げることが出来ると期待します。 

結果、エアコンの寿命が延び、空調設備費を抑え、電気代の節約に大きく貢献できます。


今回の作業ポイント

遮熱アルミシートは伸縮をしません。 

よって、どうしてもシワが入りますが、効果について影響はありません。 重要なのは、規格サイズがあるので、どうしても重ねて施工することになります。 

よって、重ねる際には十分に重ねをとることが重要です。 遮熱アルミシートがずれて重ねのない部分が出来ると、そこから輻射熱が侵入し効果が薄れてしまいます。 
内容

今回の屋根はボルト固定の屋根です。凹凸の部分に遮熱アルミシートを専用両面テープで固定をし、屋根改修フレームを取り付けて、遮熱アルミシートも固定します。 

そして、改修フレームの固定が完了したら折板屋根を設置して終了となります。 

屋根折板を取り付ける際、遮熱アルミシートを破らないように施工することも、重要なポイントです。

作業期間 1日

他の実績を見る

法人の屋根
倉敷市内  塗装 防水修繕
  FRP防水
現状のFRP防水を高圧洗浄行い、不純物を除去してから作業を行います。  経年劣化で仕上げ塗装が弱くなる所でしたが、今回保護仕上げTOP塗装を行う事で、FRP防水も継続…
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内  塗装 防水修繕
  シート防水修繕
ドレン廻りは漏水の原因になり易い所です。 既存のシートを撤去し、下地の不純物を十分除去してから次の工程に進まなければなりません。
詳しく見る
詳細
法人の屋根
倉敷市内  暑さ対策 熱中症予防
  遮熱塗装
まず、塗装する箇所を高圧洗浄で洗い、不純物の付着を確認、除去してから、プライマーを塗布し、その後中塗り、上塗りと進めていきます。  この時、プライマーの塗り…
詳しく見る
詳細