施工実績

works

倉敷市内 外壁 暑さ対策 熱中症予防   改修・遮熱工事

施工前 矢印 施工後
BEFORE
AFTER

お客様からのご意見ご感想

こちらの西側外壁は、夏の強い日差しで建物内が暑くなり困っていました。


特に壁側で作業を行う場合は、暑さによる体調管理も注意しなければなりません。

また、作業効率も下がる傾向にありました。

今回、「遮熱アルミシート」は「暑さ対策」「熱中症予防」の効果があると伺い、採用しました。

この遮熱アルミシートは「輻射熱を98%カット」という事で、「作業環境改善」「省エネ効果」を期待します。

内田金属株式会社から一言

今回の建物外壁は西側に面しており、「直接西日」が当たる所です。


ただ、「西壁は西日が当たるから暑い!」だけではないですね。 

日中の気温がどんどん上がり、建物、周辺アスファルト道路など、昼以降最高に熱せられ熱を持ち、そこへ西日が当たる事により、より暑さを感じるという事です。

太陽からの輻射熱はものに当り熱を発します。

ですから、「輻射熱を98%カット」するという事は、熱源を抑えるという事です。

そうする事により建物内は「暑さ」を抑える事が出来、「熱中症予防」「作業環境改善」「省エネ効果」について非常に効果的です。


今回の作業ポイント

「遮熱アルミシート」は施工の際、隙間をつくらない事がとても大切です。


シートとシートを重ねて施工しない場合、その隙間から「輻射熱」が侵入し、効果が得られません。

今回の遮熱アルミシートの施工については、外壁の内側に施工されている為、遮熱アルミシートの耐久年数は数十年可能と思われます。
内容

まず、外壁スレートを固定している金物のボルト頭をカットし、外壁材固定用金物を取付け、「鋼製材」をその金物に固定します。

その鋼製材に、専用両面テープを貼り、「遮熱アルミシート」を貼り付けます。

その後、外壁材を遮熱アルミシートの上から張って行きます。

これで外壁作業は終了です。


他の実績を見る

法人の外壁
倉敷市内 外壁 塗装・防水
  遮熱塗装修繕
こちらは錆を落としている状況です。  手摺りの柱元で、とても錆びやすい所ですが、ここは通常の錆落としで使う道具が使えません。  よって先端にワイヤーの棒状…
詳しく見る
詳細
法人の外壁
倉敷市内 内壁 暑さ対策 熱中症予防
  遮熱工事
西側壁面全体を遮熱シートで包み込んでいきます。 鉄骨の材料部分は、場合によってビス固定を行いしっかりと固定します。 これで、輻射熱を遮熱アルミシートから外…
詳しく見る
詳細
法人の外壁
岡山市内
外壁 改修工事
詳しく見る
詳細